ご予約受付

   12月25日まで   (お受け渡し日:12月31日、10:00~14:00)
   ※25日以降のご注文につきましては、お電話でお問い合わせ下さい。
   ※12月31日の御来店お受け渡し販売のみとなります。ご了承ください。

ご予約はお電話よりお願いいたします。
TEL:079-421-3808
『中国飯店 上海・廣東料理』午前11:00~午後14:00/午後17:00~21:30(月曜日定休) 兵庫県加古川市野口町良野116-6 定休日でも予約をお受けできる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。

お料理・ご予算(写真は5~8名様分のお料理です。ご予約時にご確認ください。
)

  • \10800おせち(税込)

    \10800おせち(税込)

    • カニサラダ
    • 蒸し鶏、葱生姜ソース
    • 香港叉焼
    • 海老の香り茹で煮、中華風
    • イカと貝柱の和え物
    • 白身魚の甘酢炊き
    •  
    • その他、2016年の中華小菜

    • 【計9品盛り合わせ】
  • \21600おせち(税込)

    \21600おせち(税込)

    • 伊勢エビのサラダ
    • あわびの冷菜
    • クラゲの冷菜
    • 鯛の子煮付け、中華風
    • 蒸し鶏、葱生姜ソース
    • 香港叉焼
    • 海老の香り茹で煮、中華風
    • イカと貝柱の和え物
    • 白身魚の甘酢炊き
    •  
    • その他、2016年の中華小菜

    • 【計11品盛り合わせ】
  • \32400おせち(税込)

    \32400おせち(税込)

      【第一のお皿】
    • 伊勢エビのサラダ
    • クルマエビの中華スープ煮ふくめ
    • 【第二のお皿】
    • クラゲの冷菜
    • 鯛の子煮付け、中華風
    • 蒸し鶏、葱生姜ソース
    • 香港叉焼
    • 和牛肉の五香風味煮
    • イカと貝柱の和え物
    • 白身魚の甘酢炊き
    •  
    • その他、2016年の中華小菜

    • 【計13品盛り合わせ】

各写真は以前にお作りしたお料理によるイメージ写真です。お料理の内容一部が、写真内容から変更される場合がございます。

ご予約受付日時:~12月25日(25日以降は、お電話でお問い合わせください。)

※お受け渡し日:12月31日、10:00~14:00

ご予約はお電話よりお願いいたします。
TEL:079-421-3808
『中国飯店 上海・廣東料理』午前11:00~午後14:00/午後17:00~21:30(月曜日定休) 兵庫県加古川市野口町良野116-6 定休日でも予約をお受けできる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。

お受け渡し日時

アクセス情報

  • JR加古川駅より

    【お車の場合 約10分】
    駅前ロータリーよりヤマトヤシキ東側大通りへ1つ目の信号を左折。
    通りを道なりに進み3つ目の信号、市役所を左手・郵便局を右手に通り過ぎた次の信号を左折。
    中央幹線沿いに進み、3つ目の信号の手前、左手。
    【バスの場合 約10分】かこバスについて
    加古川駅前5番バス乗り場。
    “かこバス”1番線、東加古川駅行きに乗車。
    『良野南口』バス停からバス進行方向に徒歩1分
  • 国道2号線より

    『野口』交差点を南へ。
    3つ目の信号『加古川卸売市場』交差点を右折。
    進んですぐ右手。播州信用金庫野口支店さん、お隣。

  • 明姫幹線(国道250号線)より

    【姫路方面より】
    『鶴林寺西』交差点を越え、高架橋を上ってすぐ“尾上、野口”方面への左側車線へ。
    公設市場”の標識の所で高架橋を下り、二つ目の信号『安田』交差点を左折し県道386号線へ。
    2つ目の信号『加古川公設市場前』交差点を左折、進んで、すぐ右手。
    【明石方面より】
    『安田東』交差点を越えて、左側車線へ、そのまま直進で高架橋脇の側道に入り、
    『安田』交差点を右折、高架橋をくぐり県道386号線へ。
    2つ目の信号『加古川公設市場前』交差点を左折、進んで、すぐ右手。
ご予約はお電話よりお願いいたします。
TEL:079-421-3808
『中国飯店 上海・廣東料理』午前11:00~午後14:00/午後17:00~21:30(月曜日定休) 兵庫県加古川市野口町良野116-6 定休日でも予約をお受けできる場合がございます。お気軽にお問い合わせください。
中国飯店の料理人は、中国料理の伝統、先代から受け継いだ技術と『おもてなしの心』をもとに精進を重ね、お客様に親しんでいただける味を、お客様の心に残る味をお作りしたいと考えております。