中国飯店 兵庫県加古川市野口町良野116-6
TEL 079-421-3808 / FAX 079-420-4488
営業時間 11:00〜14:00 /17:00〜21:30
送迎バス、駐車場、大宴会場完備

 
 
    中国飯店には、チャペルやスポットライトはございませんが…
料理店ならではの本格的中国料理の数々とおもてなしのサービスで
おふたりとご列席の皆様にご満足いただける、温かみにあふれた
ご結婚披露宴のご用意をさせていただきます。   2017年11月25日

 おふたりのご希望、ご予算、お料理内容、当日の進行など、
ご計画の段階から当日のおもてなしまで、どうぞお気軽にご相談下さい。
 
 お部屋・店内写真
 ご予約電話:079−421−3808、または、こちらをクリックして“オンラインご予約フォーム”へ!  


ご宴会送迎案内
 
御料金
ご飲食代+サービス料(ご飲食代の10%)
+消費税
お料理
コース
お一人様 ¥5,400〜
(お飲み物、税、サービス料別)
※お客様のご予算・ご希望に合わせて、フカヒレをはじめ、おふたりの晴れの日を彩る本格中国料理の『おふたりだけの披露宴メニュー』
をお作り致します。
御席
2F:大宴会場     〜100名様
2F:中宴会場     〜 60名様
3F:テーブル室      20名様
3F:お座敷        40名様
(店内エレベーター設置)
サービス
ご希望のお客様にご利用頂けます。
どうぞお申し付けください。
・移動式通信カラオケ
・マイク、簡易BGM設備
・舞台・高砂席
・司会台
・受付セット
・新郎新婦控え室
〈当日のご予約状況により、ご用意できない場合が
 ございます。〉
・テーブルミニ装花
・席札、メニュー表
送迎バス
無料送迎!!/ 28名様乗りマイクロバス
駐車場
38台

“龍と鳳凰”飾り盛り前菜


エビチリ、海老の水晶炒め

鮑の姿煮込み
鮑の姿煮込み
 
  お料理の内容はお客様のご希望、季節、ご予約人数等ご相談申し上げながら、メニューをお作りさせていただきます。
1卓あたりのお客様の人数が7名様以下、11名様以上の場合にはお料理内容が変わります。
 
     8,640円コース (お一人様)
 
伊勢えびの冷菜
特製、古法盛り合わせ前菜
ふかひれの煮込み
あわびと椎茸のかき油煮込み
紋甲いか団子とブロッコリーなどの炒め物
中国ハム、干し貝柱など入り蒸し澄ましスープ
広東名菜、丸鶏のパリパリ揚げ
大海老のチリソースと海老の水晶炒め、紅白盛り
和牛肉の醤油煮込み
揚げ物二種:鶏春巻と旬の揚げ物
鯛の姿甘酢あんかけ
メロン、ポテト、ごま団子

     12,960円コース (お一人様)
伊勢海老の冷菜
特製孔雀盛り前菜
特製フカヒレの姿煮
あわびと白菜の蒸し煮あんかけ
海老、紋甲いか、貝柱とあわびの炒め物
燕の巣と陸蛙コラーゲンのスープ
北京ダック
特製、なまこの煮込み
大正海老のチリソースと海老の水晶炒め、紅白盛り
揚げ物二種:海鮮春巻と蟹爪のフライ
和牛肉の中華風ステーキ
ひらめと金華ハム、椎茸、筍の飾り蒸し
特製花蒸し餃子
メロン
ポテト、ごま団子

特製
“鯉のババロア”“鯉のマンゴープリン”
如魚得水 8名様分 ¥3,780
 中国では、“2匹の魚”がとても縁起のいいシンボルとしてよく使われます。特に“2匹の鯉”の姿は新婚夫婦の『調和の取れた相愛』を表わすとされています。
  季節ごとのフレッシュなマンゴーにこだわり、その素材そのものの味を生かすことにこだわった中国飯店の“マンゴープリン”、そして、常に変わらぬご好評頂いております“ババロア”を2匹の鯉に形取り、さらに新郎新婦の幸福、特に新婦の幸せを願う“蓮の実”をあしらった、おふたりの幸せを願う心を込めてお作りするウエディングデザートです。
     10,800円コース (お一人様)
伊勢海老の冷菜
特製、盛り合わせ前菜
ふかひれとワンタンの煮込み
あわびのオイスターソースと卵白の泡雪炒め盛合せ
貝柱とアスパラガスの上海蟹みそ炒め煮
なまこと魚の浮き袋のスープ
広東名菜、丸鶏のパリパリ揚げ
大正えびのチリソース煮と海老団子の紅白盛り
くわい入り肉団子の蒸し物、ブロッコリー添え
揚げ物二種:鶏春巻と蟹爪のフライ
ひらめの姿蒸し
小籠包
メロン
ポテト、ごま団子

特製 “ウエディング桃饅頭”
双喜大寿桃 ¥8,640
 中国風のウエディングケーキです。大きな桃の形のお饅頭の中に、たくさんの小さなカスタード桃まんが入っています。
  中国では、桃は“幸福”や“長寿”のシンボルとされる、おめでたい縁起物です。 
  大きな桃の中のたくさんの小さな桃はおふたりが子宝に恵まれますことを、そして、家庭円満、子孫繁栄を表現しています。ケーキカット風におふたりで大きな桃に入刀して頂いて、中から出てくる桃まんを皆様に振舞っていただくということも出来ます。